ページトップ

正社員・契約社員で働く

転職ノウハウ

「転職したい」から希望の職場への入社までには、どのような手順を踏めばいいのか?
初めての転職は、不安なことがたくさんあり、何から着手していいのか分からない方も多いことでしょう。ここでは転職を実現するまでの過程と事前に考えておかないといけないものごとをご紹介いたします。

スケジュール調整

転職は意外と時間がかかります。企業のお仕事情報を集める、応募後の選考期間、退職の際の引継ぎ期間。一般的には2〜3ヶ月間というのが平均です。なんにせよ、今の会社と次の会社の両方に迷惑をかけない事が大切ですので、早めにできる事は早めに済ませるというスタンスを大切にしましょう。

転職に必要なもの

転職にあたって、一番必要なものは、「転職理由」です
knowhow_img01

転職理由は、今の会社を辞める時も、次の会社に決める時も、面接の時も、必ず必要になりますので、しっか りと言えるようになっておきましょう。「転職理由」に答えはありません。人それぞれの理由があります。
「スキルアップしたい」「やりがいある仕事に就きたい」 「安定した仕事に就きたい」「収入をアップさせたい」といった、転職先への前向きな希望もあれば、「会社の将来が不安」「能力を評価されない」「労働条件がきつい」「人間関係が悪い」といった、在職企業への不安や不満を理由に転職を希望している等、さまざまです。「ただ、なんとなく」ではなく、明確な転職理由に基づき、転職活動を行いましょう。

もうひとつ必要なのは、自己分析です
knowhow_img02

自己分析に必要なことは、自分の長所と短所を明確にしておく必要があります。そして短所を上手く、潜在的長所だと伝えることが大切になります。
就職活動では企業が好むような自己アピールに繋がる分析を行う必要があります。
「どのような役割を担っていたか」、「組織内のほかの人たちからどのように思われていたか」
などできるだけ団体・組織単位で活動していた事例を挙げるのが好ましいと言えるでしょう。

転職活動はじめの一歩

さあ、転職するぞと意気込んで、すぐに応募書類の作成や、面談対策に取り掛かったりしていませんか?何事にも準備が欠かせないように、転職活動においても「活動準備」をすることがとても重要となります。今回は、転職活動のまず第一歩を踏むためのポイントを伝授いたします。

企業選び、応募書類作成、面接対策、そのすべての土台が「活動準備」です

転職活動にはスピード感が大切です。しかし、考えるべきことを考えずにいきなり行動に移しても、転職成功どころか、逆に遠ざかってしまう可能性もあります。では、活動準備にあたって、まず何をするべきなのか。ポイントは3つあります。

knowhow_img03

「転職目的と理由」、「自分の強みと弱み」、「将来の展望」です。これらの考えを軸にしながら転職活動を進めることで、絶対に外せない条件や、企業に応募する志望動機を考える基準となり、ブレない転職活動を行うことに繋がります。転職活動中には、さまざまな場面で意思決定や自身のアピールが求められてきます。「その場しのぎ」ではなく、しっかりと「活動準備」を行い、「軸」を持った活動を行うことが成功への近道となるでしょう。
逆にこういった準備をおろそかにしてしまうと、転職の目的があやふやになってしまい、結果として満足のできない転職になってしまうケースが多く見受けられます。

活動準備を怠るとこうなる?!失敗事例集

knowhow_img03

転職活動に失敗するケースで考えられる原因として、活動準備が不足していたことが挙げられます。今回は、そんな「転職活動によくある失敗」を、実例とともに見てみましょう。
事前に活動準備をしっかりと行っていれば、このような「よくある失敗」というのは防ぐことができます。自身の転職活動を失敗させないためにも、もう一度転職活動の「軸」を見つめ直しましょう。

「これ!といったお仕事情報が見つからない・・・」
複数の転職サイトに登録して、メールマガジンもチェックしているけど、なんだかどれもイマイチな感じが・・・。応募したい企業が絞りきれないまま、気づけばもう4カ月も経過している・・・。

「転職理由」が定まらないまま求職活動を行っている典型的な例のひとつです。自分自身のキャリアの棚卸しと、企業が求める人物像を把握できていないために、いろいろと条件を求め過ぎて「高望み」してしまっているとも考えられます。全ての希望条件を満たす企業など、なかなかないものです。「活動準備」を行った結果、導き出された「優先順位」や「転職の目的」をもう一度整理して、本来の転職を行おうと思った動機を見つめ直す必要があります。その上で、自分に合った企業を探し出すことが重要です。多くの企業を見ているとつい迷ってしまいがちですが、「絶対に外せない条件」を明確にしておくことは必須です。

「応募書類の内容が全然まとまらない・・・」
参考サイトを見ながら職務経歴書の作成にとりかかったものの、なかなか満足のいく内容が書けない。いろいろと書いてはみるけど、肝心の自己PRがサッパリでありきたりの内容になってしまう。出来上がった書類で応募してみたけれど、全て書類選考で落とされてしまう・・・。もう転職活動やめようかな。

単にこれまでの実績を時系列で並べているだけで、学んできたことや、その経験を活かしてできる事を具体的に考えることができていない状態です。特に自己PRは、これまでの業務経験を自己分析して、企業に対してプレゼンテーションするための重要なポイントとなります。「自分を採用すればこんなメリットがある」といった視点から、自身の強みをアピールすることが重要です。
まずは、これまでの業務経験を振り返り、どのような成果を残してきて、そこから何を学んだのか、そのためにどんな工夫をしてきたかを具体的に整理しましょう。

「面接で話がちぐはぐになってしまう・・・」
書類選考に何とか通過して、念願の面接に進んだ!会社のWebサイトもチェックした、志望動機も我ながらバッチリ。それなのに話が進むうちに、面接官の表情が曇りだし、「さっきの内容と矛盾していませんか?」と突っ込まれる始末。その場しのぎで取り繕ったものの焦っているうちに面接終了・・・。

志望動機と転職理由とを別々に考えてしまっているために、話がちぐはぐになってしまっているパターンです。本来、「転職理由」を解決するための「志望動機」であるべきはずですが、意外とそれらを矛盾なく説明できている人は少ないように思われます。面接では、「なぜその会社か」といったことはもちろん、入社後どう活躍ができるか、その根拠はなにか等と、あらゆる角度から考えを問われてくるため、事前に整理できているかが大きなポイントとなります。もう一度、転職理由や志望動機、将来像を並べたときに矛盾していないか、見直してみましょう。
転職活動の根幹に関わる内容となりますので、面接の数日前から準備しているようでは決して満足のできる受け答えはできません。転職活動を意識した時からじっくりと考えるようにしましょう。

「内定はもらえたけど、入社すべきかどうか迷ってしまう・・・」
ようやくつかんだ内定。残業も少ないし、給料もまずまず、社風もなんだかよさそう・・・だけど、正直迷ってしまう。昨日、書類選考通過した会社は誰もが知っている有名企業だし、そこも受けてみようかな?

「転職理由」や「優先順位」が明確にできないまま、転職活動の終盤を迎えてしまったパターンです。得てして知名度や企業規模で選んでしまうことも少なくありませんが、それでは本来の転職目的を達成することはできません。「本当は残業を減らすための転職だったのが、年収につられて入社した会社はやはり多忙だった・・・」といったケースは後を絶ちません。入社してから後悔してしまっては、その会社も長続きするかどうか怪しいものです。
もちろん転職活動をはじめたからといって、必ずしも別の会社に移るだけでなく、現職に残って頑張るという選択肢も視野に入れつつ、本来の目的を達成できるのはどの企業なのか、という視点で転職活動を行いましょう。

転職の「プロ」が、貴方の転職活動から入社までをしっかりとサポートします

転職市場では、年々、企業の選考基準が高くなってきており、非常に厳しい時代を迎えています。単にスキルが高いだけでは採用されなくなっており、今まで以上に入社後の貢献度などの視点でチェックされることでしょう。そのためにも、応募書類や面接時には、これまでの経歴で学んだことを、今後どのように活かしていくかなど、自分自身の長期的なキャリアプランも語ることができないといけません。そのような転職環境下では、直前になっての対策だけでは充分とは言えず、できるだけ早い時点から時間をかけて準備を行い、考え方を整理して自分の言葉で語れるようになる必要があります。

knowhow_cap4

これから新しい企業に入ろうとする転職者の皆さまは、いろんな不安を抱えているかと思われます。そんなお悩みや不安をお持ちの方は、ぜひ弊社の転職支援サービスをご利用ください。私たち転職のプロが、キャリアの棚卸しから、志望動機の整理、自己PRのアドバイスなども、丁寧にサポートさせていただきます。

転職支援サービスに登録する