recruit tips

お役立ち情報

企業様の活用事例

大喜工業株式会社の活用事例

share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大喜工業株式会社 総務部 人事課竹本 愛 (たけもと まなみ)さん

2018年11月に祈願の独占インタビューが実現いたしました。大切なお客様である大喜工業株式会社様に、弊社の派遣サービスを利用する上での感想をお話しいただきましたので、その内容をご紹介いたします。

ヒューマンステージは、日頃どの様に派遣サービスを提供しているのでしょうか?また人材派遣を通じて派遣先担当者とどの様に関係性を構築しているのでしょうか?

インタビュー形式で、竹本 愛 (たけもと まなみ)さんにお話を伺いましたので、その一部始終をご紹介いたします。

 

 

弊社の派遣スタッフをどの様な業種で利用していますか?

竹本さん「ヒューマンステージの派遣スタッフは、ほとんどの部署で働いていただいていますね。製造部門以外には事務職での派遣スタッフもいますし、女性の方も活用させていただいてます。多くの派遣会社を利用していますが、ほとんどの部署で派遣で来ていただいているのは、ヒューマンステージぐらいです。また一番多くの人数をヒューマンステージの派遣スタッフで賄っていますね。

 特に現場でのモノづくりを担当してもらっています。またピッキング・リフトのお仕事は、部署と部署とをつなぐパイプ役的存在であり、ヒューマンステージの派遣スタッフに頑張っていただいています。

 事務職では女性の派遣スタッフが担当しており、電話応対、購入品の発注・管理などをお願いしています。自社の社員と何も変わりなく働いていただいていますね。ちなみにですが、派遣で事務職を利用したのは、ヒューマンステージが初めてだったんですよ。それまでは、自社採用に頼っていましたからね。結婚や子育てといった場面等で、時期的な問題等で自社採用が間に合わないため、派遣サービスをフル利用させていただいています。」

派遣を利用するきっかけを教えていただけますか?

竹本さん「率直に言うと、すぐに働ける方を探して貰えて、仕事を開始するまでの諸手続きが軽減される点でしょうか。自社の人事課で採用活動を行えば、当然ですが募集活動、面接の日程調整、面接の実施、合否審査、入社日の設定、入社の手続きと、時間のロスが多くなります。それを解消する手段の一つが派遣会社を利用する事だと思いますね。自社の人事課では賄いきれない点をヒューマンステージで埋めて貰っています。

弊社担当「大喜工業様は、派遣スタッフにいち早く現場を理解して貰う為に、希望者が出た際の職場見学は構内案内から全て弊社にお任せ頂いています。おかげさまで、派遣開始までのスピードを上げることができています。大喜工業様のスタイルを他の支店や企業に話をしますと、すごく評判が良いんですよ。願わくは多くの企業様で取り入れて頂きたい取組みです。」

竹本さん「そうですか・・・。ありがとうございます。ヒューマンステージの担当営業が現場の事を良く理解して頂いているからこそ、今のスタイルが実現できているのではないでしょうか。」

弊社担当「いえいえ、まだまだ勉強不足です。各部署の方が派遣スタッフにとても面倒見よく接して頂いている結果、配置のミスマッチが防げていると思います。」

 

数多くある派遣会社から当社を選んだ理由は?

竹本さん「確か6年前ですかね。私が入社した時点で既に何社かお取引させていただいていたのですが、私が新規でお願いをした派遣会社がヒューマンステージだったと思いますね。その時の担当営業が和歌山工場にも派遣できますよという話がきっかけで、お付き合いさせていただいたと記憶しています。」

弊社担当「そうでしたね(笑)、いま思い出しました。和歌山工場様はとても苦戦した事を今も覚えています。」

 

率直に当社を利用してみていかがでしょうか?

竹本さん「泉州エリア(大阪南エリア)に支店を構える派遣会社が少なく、堺エリア(大阪市内に近いエリア)に集中しており、求職者もなかなか泉州エリアに足を運ばない中で、程よい場所にヒューマンステージ泉佐野支店があるため、結果的に多くの地元の方を提案していただける点がありがたいです。寮を設置して、遠方の方を利用しても、色々と難しい部分があるため、結果的には地元の方にお願いする場面が多くなっているのが現状です。地元主義のヒューマンステージは、私達にとって大変ありがたいと思っていますよ。」

弊社担当「逆に地元主義だからこそ困る点はありますか?」

竹本さん「そうですね・・・。良いことばかりで特に地元に密着しているという点での不具合は感じた事は無いのですが、あえて挙げるとすれば、はるか昔に就業していた方が、改めてヒューマンステージから派遣されてくる点でしょうかね(笑)。驚く時があります。」

弊社担当「今の担当営業はいかがですか?」

竹本さん「正直、担当営業が変更になるときは、どなたが担当営業になるのかは心配します。職場見学を実施した際は全て派遣会社にお任せしているので、現場での担当営業の説明能力は重要な要素なんですよ。営業担当の説明次第で、現場のイメージが決まると言っても過言ではありませんから。お互いのミスマッチが起こらない様に説明して欲しいと願ってます(笑)。」

弊社の派遣スタッフを受け入れてみていかがですか?また今後も継続的に利用したいと思いますか?

竹本さん「多くの派遣スタッフの方に頑張っていただいているため、派遣スタッフは必要不可欠な存在です。よって基本的には派遣の利用は続けていく方向で考えています。繁忙期等で自社採用では間に合わないときには、派遣の利用は必要であると感じています。」

弊社担当「派遣スタッフを直接雇用して頂いた方々の活躍状況はいかがでしょうか?」

竹本さん「やはり現場の事をより良く理解して頂いているため、正社員への切替希望者は正直ありがたいと思っています。ヒューマンステージから多くの正社員への切替希望者が挙がれば嬉しいですね(笑)。」

弊社担当「この度は、インタビューにお答えいただきまして、誠にありがとうございました。これからもヒューマンステージをどうぞよろしくお願い申し上げます。」

 

 

Written,Photo by 玉置 耕介(ヒューマンステージ)