recruit tips

お役立ち情報

先輩インタビュー

きっかけは「別のお仕事紹介」から!私のライフスタイルに合ったお仕事を探してくれました!

share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITソリューションテクノロジーの開発販売 事務松村 都子(まつむら くにこ)さん

2015年にヒューマンステージ経由で現在の就業先に入社。事務としてメール処理・データ入力・書類作成・ファイリングなどをメインに担当。

単純にお仕事の紹介だけの話ではなかったので、不安は全くありませんでした!

松村さんが働いている会社は給与計算ソフトウェアの開発・販売を行うIT企業です。

もともとインテリア関連のお仕事に興味があった松村さんが、どのようにしてIT企業に勤務することになったのでしょうか?

大阪本社にて、インタビューさせていただきました。

松村さん「以前インテリアコーディネーターの学校に少し通っていました。インテリアに携われる仕事が希望で、偶然にもインテリアを扱う会社の事務案件があったので、すぐにヒューマンステージに来社して登録しました。

残念ながら、インテリアのお仕事とは縁がなく、また次の仕事があれば紹介するということで一旦は終了します。

松村さん「当時の担当の方が私のライフスタイルを聞きながら、どういう仕事がしたいのかいろいろな雑談を踏まえながら聞き出してくれました。

その後現在のお仕事を紹介され、派遣開始から無期雇用に転換後の現在まで、4年間楽しく仕事を続けています。

派遣先の方から「仕事もすぐ覚えてくれてほんとに助かっているわ」と言われるのが一番嬉しいです。

お仕事内容を教えて貰えませんか?

松村さん「今年3月までは主にセミナー関連のお仕事をさせていただいていましたが、4月から部署が変わりまして、現在は製品の指導にいくインストラクターさんの指導日程を調整する部署にてサポートしています。」

毎日多いときでは50件もの依頼メールがあり、それをひとつずつ処理します。

膨大な書類を不備がないよう注意して作成し、ファイリングする仕事を行っています。

何か役立てないかな、私だから気付くことはないかな、とプラスαで考えて仕事に向き合っています。

松村さん「派遣先の環境が整備されており、とても働きやすい会社です。あえて挙げるとすれば、派遣当初に、皆さんに気を遣われ過ぎたせいで、2ヶ月くらい営業さんから話かけられることも、名前を呼ばれることもなかったんですよ!

そう笑顔で話す松村さん。

営業さんから、直接仕事を依頼して良いものか悩むということもあり、そこを変に意識されすぎてしまっていたよう。

状況は一変して、予算達成会に誘っていただき参加すると、「まっちゃん、まっちゃん!」みたいな感じで…。(笑)

会社の一員として受け入れていただいているところが、今思えば、長く続けているポイントだと思います。

ヒューマンステージがいつでもサポートしてくれました!

現在派遣社員としてお仕事されていて、派遣のシステムで良いなと感じたことはありますか?

松村さん「一番良いなと思ったことは、有給休暇をコンスタントに取れることですかね。普通に働いていると気を遣ってしまい、お休みが取りにくいのですが、ヒューマンステージが間に入っていただいていることもあって、とても言い易いですよ。有給休暇に限らず、ヒューマンステージがワンクッション入ってくれることで、ひとりで判断しなくてもいいし、気軽に相談しやすく助かってます。

派遣社員ということで、社内で権限がないことがたくさんあり、自分でチャレンジしてみたいと思う気持ちとのギャップは多少ありつつ、少しずつお仕事の幅を広げていき、チャンスや可能性を伺っている状況。

総じて、業務内容にも職場環境にも満足して働かせていただいています。周りの方がすごく忙しそうにされているので、みなさんのお役に立ちたいと松村さん。

ヒューマンステージでは、担当者がスタッフ様の要望に親身に耳を傾け、働きやすい環境となるよう徹底サポートします。

求人情報や今後のお仕事選びの方向性など、一人の転職活動では気付かないアドバイスまでさせていただきます。
ぜひ一度ヒューマンステージにご相談ください。

Tomita Miki